飛行船の願い

多くの支援者に出会う機会がひろがること

  • 生活介護事業所飛行船は、受け入れ能力の許す限り、障害の軽重も種別も問わずに受け入れていきたいと考えています。障害者が生まれた地域で生活を続けるための拠点のひとつでありたい、それが私たちの願いです。
  • 現在の私たちの位置付けは、障害者の日中活動の場ということになります。その活動を通して彼らが多くの支援者に出会う機会がひろがることを願っています。健常者もそうであるように、障害者も多くの人に理解され、支えられなければなりません。
  • そんな出会いの場でありたい、と願っています。

 

いつもありがとうございます! 人目の搭乗者です。
本日 人目の搭乗者です。